カウリのまな板

日本らしい木として松、杉、桐・・・などがあげられるように
ニュージーランドにもいくつか固有に近い木がある。
カウリもそのひとつで、正確にはオーストラリアやインドネシアなどにも
生息しているけれど、ニュージーランドで最も大きく成長する。
昔はカウリで覆われていた森も長年の伐採で激減し、現在は保護対象になっていて
勝手に伐採することは出来ない。

うちからさほど遠くない場所にも「309 Kauri Grove」というカウリの森があり
そこには樹齢1000年を超えるカウリの木が生息している。とても大きい。

そんなカウリで出来たまな板は色合いや手触りがとても良くて魅力的。

2014-06-23-7.jpg

一緒に写っているのはエッグ何とか・・・目玉焼き作る型みたいなの。
と、デジタル温度計。本体と棒の部分がコードで繋がっていて、対象物に棒を
さしておけばいいので何かと便利。さっそく今日大活躍してくれた。
カウリのまな板はもちろんパン専用。夫の釣ってくる魚は厳禁。

夫といえば、今日も釣りに行ってきて鯛やカウアイを何匹かゲットしてきた。
今日の夕食は兜焼き^^美味しかった。明日はセビッチェ作る予定。

2014-06-23-6.jpg




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です