ハーマンクン vs フェイジョア

昨夜仕込んだハーマンクン酵母とフェイジョア酵母のパン。
両方とも同じ分量で作ってみたが一次発酵で差が出た。
右がフェイジョア酵母、左がハーマンクン酵母を使ったもの。
フェイジョアの方が膨らんだ。

焼く前の状態。ハーマンクン酵母の方がつるんとしている。水分が多い感じ。

2014-06-08-5.jpg

フェイジョア酵母の方はぼこぼこしている。

2014-06-08-2.jpg

焼いてみた。明らかな差。右がフェイジョア酵母パン。
最初から最後まで発酵力がすごい。次回焼くときはクープを入れた方がいい。

2014-06-08-7.jpg

かけ継ぎに砂糖を使っている分、ハーマンクン酵母パンの方が甘味がある。
ピザやバゲットを作る際は、その甘味に違和感を感じる。
甘さをあまり必要としないパンはフェイジョア酵母で作る方が良さそう。

2014-06-08-6.jpg

お昼はパスタ。

2014-06-08-3.jpg

別にバランスがとれていればパンやパスタでもいいと思うけど、
なぜか長らくお米を食べないことに罪悪感のようなものを感じる。
パンを作るのは楽しいけど、パンを作りながら「ごはんと味噌汁食べたいな」
と思っている自分がいるという矛盾。日本人だね。
夜はいなりずし作ってみた。オークランドに行ったときに購入した簡単いなり。
すでに味付け済で酢飯いれるだけという手抜き料理。

2014-06-08-8.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA