私の欲しいものがだいたいなんでもある店

町に中国人の方が経営(?)しているお店がある。

小さなお店で、入ったら何か買わないと・・・と、いかにも日本人的な考えがあって

ちょっと入りにくかった。でもある日、あるものを探していて「もしかしたらあるかな~」

なんて入ったら、あった。その後も、スーパーで売っていないマクロビ系の材料や

オーガニックのものがたくさん売っていて、だんだん大好きなお店になっていった。

そこで店番をしているのが年配の中国人の女性なんだけど、私が探している商品を聞いても

「アイドンノウ、シラナイ。」なにそれ?聞いたことない。という感じの返事ばかり。

でも、私がお店の中探したら、いつもあるの(笑)で、「There it is!」と言うと、

なにそれ?初めてみたよ。と、興味津々・・・。う~~ん?

そして、その女性の英語レベルが私と似たり寄ったりで、何となく少し話すようになった。

拙い英語と、片言の日本語、中国語は私が全くわからないので出てこないけど。

相手が英語母国語の人だとこっちが焦ってしまうけど、同低レベルで、英語とほんの少しの

日本語しか伝達手段がないというのはお互い笑いあいながらゆっくり話せる。

普段は幼稚園の先生とか、近所の人の早い英語ばかりだからちょっとホッとするというか。

夕食は、息子がパスタがいいというので、ミートなしのミートソース(風)パスタ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です