今日の小さなパニック

幼稚園のお迎え、扉を開けると娘より先に一人の女の子が駆け寄ってきた。
4歳くらいの、柔らかそうな栗色の髪をした外人の女の子。初めて見る子。
(NZにいる時点で外人は私の方だけど。)
まるでママのお迎えが来たような嬉しそうな笑顔。
私の前に来て、小さな柔らかい手で私の右手を大事そうにとり、手の甲にKiss。
私の娘はその子の一歩後ろで、どうしたもんかともじもじしてる。
私は軽くパニック。
「え?お母さんと間違えてる?いやまさか、私こてこての日本人だし!」
「とびきり人懐こいだけ?!でもこの笑顔と対応はちょっと違うような・・・」

数秒の間にいろいろなこと考えてた。
それくらいその子の態度は、母親に対するそれそのものだったから。
でもすぐに先生がその子の名前を呼んで連れ戻した。そして、
「彼女は日本人なのよ。」と。
「コンニチハ」と先生が覚えたての日本語でその子に話しかける。
「こんにちは。」照れた顔で答える少女。
ハーフだったのか。じゃあ、やっぱり母親と間違えたのだろうか?
その辺りはまだよくわからないけど。私と似てるのかな。
その子が離れたら、微妙な笑顔で立っていた娘の顔がパッと明るくなって抱きついてきた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です